著作・連載

「満身ソウイ工夫」の目次です。目次だけでも愉しめませんか?

①ニューヨークBP(血圧)230

②チューブマン誕生

③三途の川でクイックターン

④焦げ茶色に金文字の手帳

⑤チューブマン霧のカナダへ

⑥チューブマン「万里の長城」を行く

⑦チューゴクVSチューブマン

⑧天国から帰ってきたばかりなのに『天国の本屋』?

⑨朗読のすすめ

⑩筋肉自慢・マッスルミュージカル誕生

⑪観客参加が楽しい『ear』

⑫マッスル・ラスヴェガス公演・チューブがピンクに?

⑬こまいぬ結成「とりあえずビール」

⑭さらばマッスルミュージカル

⑮57歳で劇団を設立してしまった

⑯腹膜透析から血液透析へ・さらばチューブマン

⑰再び市民百人ミュージカル

⑱チャンスとCHANCEと品

⑲ジャカルタ下見と初の海外血液透析

⑳成田空港に跳び箱!?

 

「エピローグ・満身創意工夫」

僕はそんじょそこらの健常者より、体力、想像力、忍耐力では負けないと自負している。ただ、普通に生きていくことに、少しだけ不便がつきまとうだけだ。人の身体は繊細なもので、一つ臓器が壊れただけで、死んでしまうか、障がい者になってしまう。

僕の場合、うまい酒を飲んでも、五臓六腑に染み渡らない、四臓六腑である。幸い四臓六腑は元気だ。15年間四臓六腑で、健常者と肩を並べて仕事をしてきたつもりである。

この本を読んで、初めて僕という人間を知った方、今までの仕事仲間たち、お世話になった人たち、劇団のメンバー、僕は何も変わっていない、これからも良い作品を世に送り出していきたいと念じている。

海外の作品を高いお金を出して買ってくるのではなく、日本の作品を海外に輸出する、そんな僕の夢がきっとかなう日が来る。

僕と一緒に新しいエンターテインメントを創りたい、なんて感じた方、日本独自のエンターテインメントを創り上げ、世界に輸出しましょう。

満身創痍であっても創意工夫でなんとかなる。

満身創痍だからこそ自分の身体に気を遣い、創意工夫しているから脳も成長する、障がいも悪いことばかりではない。

高い志を持ち、謙虚に生きることが、僕流の生き方である。

2012年11月出版の「満身ソウイ工夫」より

「STAGE navi」は産経新聞出版より、2ヶ月に1度、時々毎月、出版されるミュージカルの情報誌です。
拙著と同じタイトルの中村龍史の「満身ソウイ工夫」を連載中です。編集長の好きに書いていいというのを鵜呑みにして、未だ、芝居  ともミュージカルとも関係のないことに触れ、怒り、自転車に振り回される自分を笑う、ちょっと不条理で前向きなコラムを書いてい  ます。昨年の1月発売の12号には、北の巨匠・倉本聰さんとの対談が掲載されています。ちょっと面白いので、読んでみて下さい。
バックナンバー有るかもです。(問い合わせ先)03ー3275ー8635

  • b-messege

    b-messege
  • rumiko-message

    rumiko-message
  • b-nakamura

    b-nakamura
  • b-ear

    b-ear
  • ryoji_11

    ryoji_11
  • girlsentertainment_03

    girlsentertainment_03
  • musician

    musician
  • book-2012

    book-2012
  • 名称未設定-1_06

    名称未設定-1_06
  • b-ticket

    b-ticket
  • b-hirame

    b-hirame
  • このHP内に記載されている内容の著作権は全て
    オフィスひらめ 及び関係する団体・個人に帰属します。無断転載等はご遠慮ください。